自由研究にぴったり!漫画ミュージアムで『ていたん』を作ろう!

北九州市漫画ミュージアムにおいて8/16~17(1回目)と8/30~31(2回目)に開催されるワークショップ『エコ陶土で博多人形を作ろう!』では、新素材FOLMICSと博多人形で実際に使われている“流し(鋳込み成形)”と呼ばれる石膏型を使った人形成形と彩色を2日間で体験できてしまうというものです。
夏休みの自由研究のテーマに如何でしょうか!?

そして、このワークショップで作る事ができるのは、なんと北九州市の環境マスコットキャラクター『ていたん&ブラックていたん』なんです。

DSC_0101-s

この『ていたん&ブラックていたん』は、このワークショップのために博多人形師(注1)が原型制作したものです。講師(博多人形師)の話を聞いて、うまく作れば写真のような人形ができあがるかもしれません。(お子様だけでは若干難しい部分がありますので、親子で一緒に取り組んで頂くのもオススメです。)(注2)

その他にも、実際に販売されている『童もの』(下写真)(注3)を用意しています。
腕試しをしたい方は是非チャレンジしてください!

DSC00455

本ワークショップの参加費用は2日間で500円(他に漫画ミュージアムの入館料が必要です)で、漫画ミュージアムのWebページから申込が必要です(各回定員20名)。

同時開催の絵付体験ワークショップ『素焼マグネットに色を付けよう!』は、申込不要・飛び込みOKですので、どうぞお気軽にご参加下さい。(マグネット1個100円・他に漫画ミュージアムの入館料が必要です)

漫画ミュージアム内では、本ワークショップとの連携企画博多人形の新しい挑戦』展(伝統工芸×環境配慮×松本零士)(8/16~9/7)を開催しています。ワークショップでお越しの際は、是非ご覧下さい!

 

注1: 伝統工芸の新しい挑戦プロジェクト「HAKATA DO+」の所属メンバー。
注2: 『ていたん』もしくは『ブラックていたん』のどちらか一方をお選び頂きます。
注3: 写真は商品写真です。本ワークショップで作る人形は写真と同じ仕上がりにはなりません。予めご了承ください。