《MRS x Sports》スポーツイベントを環境配慮型に!

MRS-with-Sport_600

 

多くの人が全国各地で開催されるスポーツイベントに参加しスポーツを楽しんでいます。そうしたスポーツイベントの中には、自然環境と繋がる広大なフィールドを活用するものがあります。

例えば、シティマラソンには一度に数万人のランナーが参加し、街を走ることを楽しみます。参加するランナーの目的は「走る」ことですが、それぞれのランナーが少しだけ環境の事を考えるなら、シティマラソンが環境に与える影響を大幅に削減できることでしょう。

ひびくーLLCは、参加者やボランティアの負荷を最小減に抑えながら、本来の目的を損なうことなく、スポーツイベントに廃棄物(循環資源)のリユース・リサイクルの仕組みを構築するためのお手伝いをしています。

ただし、循環資源を回収してリサイクルするだけでは面白くありません。

ひびくーLLCは、独自のリサイクル技術を活用し、回収した資源を再びスポーツイベント等に(ノベルティなどとして)還元することで、参加者に「循環が伝わる」極小規模の資源循環の輪(MRS: Micro Reuse/Recycle System)を造ります。

 

■ MRS導入実績一覧

 実施期間詳細
72016
04/17
北九州平尾台トレイルランニングレース2016(北九州市)
※熊本地方における地震の影響で中止となりました
【参加ランナー】約800名
【コース全長】ロング40km, ショート17km
【実施内容】PLA製給水カップの回収・リサイクル
【実施場所】エイドステーション6箇所+Start/Goal地点
【Web】大会公式サイト
62016
03/20
平尾台クロスカントリー2016(北九州市)
【参加ランナー】約700名
【コース全長】10km等
【実施内容】PLA製給水カップの回収・リサイクル
【実施場所】エイドステーション、スタート地点
【Web】大会サイト(北九州市)

52015
09/22-09/23
信越五岳トレイルランニングレース2015(新潟県、長野県)
【参加ランナー】約600名+ぺーサー約150人
【コース全長】110km
【実施内容】PLA製給水カップの回収・リサイクル
【実施場所】エイドステーション4箇所(全8箇所中)
【Web】大会公式サイト

Shinetsu-Trailrun

42015
04/19
北九州平尾台トレイルランニングレース2015(北九州市)
【参加ランナー】約800名
【コース全長】ロング40km, ショート17km
【実施内容】PLA製給水カップの回収・リサイクル
【実施場所】エイドステーション6箇所+Start/Goal地点
【Web】大会公式サイト


32015
02/08
北九州マラソン2015(北九州市)
【参加ランナー】約1万人
【実施内容】PLA製給水カップの回収・リサイクル
【実施場所】Start地点
【Web】大会公式サイト



※北九州マラソン2014で回収したリサイクルカップを原料に含むFOLMICS製記念トロフィを優勝者に授与しました
22014
02/09
北九州マラソン2014(北九州市)
【参加ランナー】約1万人
【実施内容】PLA製給水カップの回収・リサイクル
【実施場所】Start地点
【Web】大会公式サイト


12012
08/05-11/04
ギラヴァンツ北九州・ホームスタジアム(北九州市)
【実施内容】リユースカップの導入
      スタジアム内持込用PLA製カップの回収・リサイクル
【実施場所】北九州市本城陸上競技場
      期間内に実施された8ゲームで実施
【Web】公式ニュースページ